The LUX - 日々の生活に役立つクレジットカード、保険、自動車、不動産などFP情報をお届けします。
JCBの新サービス「スマリボ」で、ソラチカカードやリクルートカードプラスの年会費が割引へ!!

JCBの新サービス「スマリボ」で、ソラチカカードやリクルートカードプラスの年会費が割引へ!!

こんにちは、JINです。

以前、こちらの記事で紹介した、JCBのショッピングリボ払い「支払い名人」。

2019年4月16日(火)の利用分からは、新サービス「スマリボ」へ移行します。

 

「スマリボ」は、仕組みを押さえれば、手数料を発生させることなく、カードの年会費を抑えることができるので、うまく利用したいところです。

 

例)

・ソラチカカード年会費 (2,000円+消費税) – 1,350円キャッシュバック

・リクルートカードプラス年会費 (2,000円+消費税) – 1,350円キャッシュバック

・ANA JCB ワイドゴールド 年会費(14,000円+消費税) – 5,000円キャッシュバック

→ANA VISA ワイドゴールドのweb明細+マイ・ペイすリボ登録より安い!!

 

対象外)

・JCBザ・クラス

・JCBプラチナ

 

ーーーーー 以下詳細 ーーーーー

まずは全体像について。

2019年4月16日(火)以降のJCBカードの支払い方法です。

JCBカードのショッピングリボ払いは次の3つの方法があります。

1. ご購入時にリボ払い

2. 後でもリボ払い

3. スマリボ : 「1回払い」で払っても自動的にショッピングリボ払いになる

 

 

1.の方法について

この方法、使っている方は少ないと思います。なぜなら、初回月のお支払いにも手数料が発生する方法だからです。後に紹介する3.支払い名人との大きな違いに、この

「初回お支払い手数料の有無」

が挙げられます。

また、店頭支払時に「リボ払いで」と言うのは抵抗がある方が多いのではないでしょうか?

 

2.の方法について

ショッピング1回払い・2回払い、ボーナス1回払いのご利用分を「後から」リボ払いに変更する方法です。

リボ手数料の発生する支払い方法なので、極力利用は避けたいところですが、資金のやり繰りでどうしても支払いが間に合わない場合などには活用できます。

もしもの時のための、非常手段というのが、私の認識です。

 

3.の方法について

「1回払い」で払っても自動的にショッピングリボ払いになります。

支払い方法は、利用残高に応じて支払額が変更になる「残高スライドコース」です。

 

残高スライドコースは、さらに次の2つのコースに分かれます。

コース ご利用残高 毎月のお支払い元金
ゆとりコース 〜10万円   5,000円
〜50万円 10,000円
〜100万円 15,000円
100万円超〜 20,000円

*ゆとりコースは、5,001円以上の利用残高がある場合に手数料が発生。

 

コース ご利用残高 毎月のお支払い元金
標準コース 〜10万円 10,000円
〜20万円 20,000円
〜30万円 30,000円
以降10万円ごとに 10,000円加算

*標準コースは、10,001円以上の利用残高がある場合に手数料が発生。

 

 

ここからは私見ですが、

コースの選択は、はっきり言って標準コース一択です。

標準コースに登録しておけば、月1万円までは、手数料なしに利用可能です。

ゆとりコースでも月5,000円までは、手数料なしに利用可能ですが、あまりに少なすぎるのではないでしょうか。

年1回だけ数百円利用して終わりのような死蔵カードにする場合なら、どちらのコースでもよいかもしれませんが、せめて1万円までは(それでも少なすぎますが)手数料を気にせず使う枠を確保したいところです。

 

 

なお、旧サービス「支払い名人」利用者で、対象期間中に手数料を発生させた場合、

旧支払いコースの「定額コース」を維持可能です。

この場合、定額コースで設定していた月の支払額までは、手数料なしに利用が可能です。

 

私も以前の記事で紹介したように、あえて少額のリボ払い手数料を発生させて、定額コースを維持する戦略をとってみました。

なお、一度でもスマリボを解除したり、残高スライドコースへ変更すると、定額コースへは戻れないようなので、大事にこの定額コース枠を保持したいと考えています。

 

 

ただ、どのようなコース設定をするにせよ、支払いは、JCBのまとめ払い(繰上返済)を利用して、手数料をお得にすることが基本戦略となりそうです。

MyJCBおよび電話での登録やATMで、繰越分を早めに支払う「まとめ払い」を利用して、手数料なしにカード利用していきましょう。

ただし、あまり早くに繰り上げ返済をしてしまうと、確定日ギリギリに滑り込んできた請求に対応ができません。

自身の使用状況をよく見ながら、確定日までに全額の支払いを行うことがコツとなります。

 

 

 

ここからは、スマリボの特典を紹介していきます。

①年会費キャッシュバック特典

「スマリボ」では特典に「カード年会費の優遇」があります。

一般カードで1,350円、ゴールドカードで5,000円のキャッシュバックがあります。

(年会費がキャッシュバック金額未満の場合は、年会費(税込)と同額がキャッシュバック)

 

これがとても大きな特典で、例えば以下のようなかたちになります。

・ソラチカカード年会費 (2年目以降2,000円+消費税) – 1,350円キャッシュバック

・リクルートカードプラス年会費 (2,000円+消費税) – 1,350円キャッシュバック

・ANA JCB ワイドゴールド 年会費(14,000円+消費税) – 5,000円キャッシュバック

→ANA VISA ワイドゴールドのweb明細+マイ・ペイすリボ登録より安い!!

 

なお、以下の2種類は対象外カードです。(私としてはとても残念です。)

・JCBザ・クラス

・JCBプラチナ

 

②Oki Dokiポイント特典

「スマリボ」では特典にOki Dokiポイント2倍という特典があります。

ソラチカカードを利用している方にとっては、とても魅力的な特典ではないでしょうか。

ただしこれはOki Dokiポイントが貯まるカード限定の特典なので、リクルートカードプラス(リクルートポイント)では特典対象外となります。

 

③ショッピング保険

購入日から90日間、年間最高100万円のショッピング保険が付帯します。

 

 

スマリボは、手間を惜しまなければ、絶大なメリットがある方法だと思います。

手数料にだけは注意しつつ、メリットを享受していきましょう(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です